フリースタイルバスケを格好よくプレイするにはどのようにしたらよいのか

フリースタイルバスケは、その見た目の格好よさや一人でも楽しむことがじゅうぶんにできるということで近年では人気となっているスポーツです。

実際にこれから始めたいという方もいらっしゃるでしょう。
では、「格好よくプレイをする」ということについて考えてみましょう。

認知度も人気も高まってきたフリースタイルバスケ

フリースタイルバスケは、音楽にあわせて技を「魅せる」というスポーツになります。
それがダンス的にも見えるということから、若者を中心に人気を集めるようになっているのです。

もともと、競技として確立していたバスケットボールから派生したのがこのフリースタイルバスケであるともいわれています。

勝敗ではなく「技の美しさ」を追求することにその特徴や魅力があるのですが、パフォーマンスとして魅せることが難しいというプレイヤーもいらっしゃるようです。

初心者の方ともなるとそのように思われることも多いでしょう。

フリースタイルのバスケは日々の練習や経験などによって研磨させるスポーツでもあるのです。

ですからまずはいきなり格好よく魅せようとせずに、基本的な部分からスタートしていくのがよいでしょう。
ある程度の時間をかけながら習得していくことこそが結果として「格好よさ」につながっていくのです。

初めてフリースタイルのバスケットに取り組むという際のポイントについて

まず第一には「正しい動き」を知り・身につけることでしょう。
これは、どのようなスポーツでも言われることかとも思います。

しかし、自由度が高くエンターテイメント性が強いこのスポーツの場合、そればかりに興じてしまうと先に触れた格好よさにはつながりにくいのです。

最初の段階では、正確さを意識することで精一杯になってしまいがちなのは仕方がありません。
その中で、慣れていくにしたがって少しずつ技やテクニックを取り入れて練習していくことがよいでしょう。

技をつなぐことができない・華麗に魅せることが出来ないということもあるでしょう。

しかし、こつこつと練習を積み重ねていくことによって、少しずつ「魅せるプレイ」というものがしていただけるかと思います。

ボールに関しても、最初は1つからはじめてみましょう。
そして扱いに慣れたら2つさらには3つと増やしていくのがおすすめです。